NPO法人 ながの動物福祉協会


 「ながの動物福祉協会」は、飼い猫も飼い主のいない外猫も、雄雌にかかわらず不妊手術の協力を呼び掛けています。「5月・6月、外で暮らす子育て中の雌猫は不妊手術ができません。母猫を数時間でも離すと子猫は死んでしまうからです。しかし、子猫がいなくなった母猫はすぐに再度妊娠する場合があるので要注意です。8月までは猫の繁殖行動が続いていると考え、不妊手術を」と同協会。手術実施日は7月13日(水)、16日(土)、21日(木)、26日(火)、31日(日)、雌1匹1万3000円、雄1匹1万円。予約制。市の猫不妊手術助成金対象です。

 

(住)安茂里3608〜3 (デリシア安茂里店向かい)☎︎223・5737 (HP)https://www.naganodoufuku2.org/


2022年7月9日号掲載「読み得&買い得情報」紙面掲載時の情報です