top of page

南禅蒸し

       2023年12月16日掲載

寒い季節に鍋で蒸し物

蒸し器を用意する必要がない、手軽に鍋でできる蒸し物を紹介します。茶わん蒸しにも応用できます。器が沈む深めの鍋か、ふた付きの深めのフライパンなどを用意してください。

一緒に旬のおいしいさつま芋ご飯をどうぞ!栗のようにほくほくした味わいのご飯です。おにぎりにして冷凍してもおいしいです。   (県栄養士会北信支部)


【メニュー】

主菜/南禅蒸し 副菜/モヤシとニンジンのサラダ 主食/さつま芋ご飯

【献立1食分あたりの1人分の栄養価】

・エネルギー 596kcal・たんぱく質 24.5g・食塩相当量 4.7g


材料(2人分)

豆腐…………100g

(卵汁)

 ・卵…………LL1個

 だし汁……200ml

 塩…………小さじ1/4

 みりん……小さじ2

 しょうゆ…小さじ1/2

(あん)

だし汁………………………………80ml

かに缶(またはカニ風味かまぼこ)…30g 

麺つゆ(2倍濃縮)…………………小さじ1

片栗粉………………………………小さじ1強

三つ葉、ショウガ…………少々


作り方

❶豆腐は四角に切ってペーパーに包み水気を切り、器(大きめの小鉢)に入れる。

❷卵汁の材料をまぜ合わせて①にそそぎ、地獄蒸し※(鍋に器の高さの1/4の熱湯を張り、器を沈め菜箸を斜めにさし入れふたをずらし、強火で5分蒸し、菜箸を除きふたをして火を弱め、15~20分蒸らす)にする

❸小鍋にあんの材料を入れ火にかけ、あんを作る

❹蒸しあがった②にあんをかけ、刻んだ三つ葉とおろししょうがを添える

※地獄蒸し=ぐらぐらと沸騰した湯で蒸すので、その様が地獄のようだということから。温泉から噴き出す蒸気で食材を蒸す料理法のこともいう。

Comments


bottom of page