top of page

5年ぶり野尻湖発掘 3月に

参加者募集

 野尻湖発掘が3月18日(土)から27日(月)、野尻湖(信濃町)の立が鼻遺跡で5年ぶりに行われます。参加者を募集しています。

 発掘は一般の愛好家や子どもも携わる形態で1年置きに行われ、前回は2018年に実施。その後は新型コロナの感染者増加などで行えませんでした。

 これまで参加者は同じ宿舎に宿泊し、夕食後に学習会などを行っていましたが、今回はコロナ対策として学習会などの時間を早め、宿泊先を自由にし、日帰りも可とします。

 発掘では人間の足跡の化石などを探し、野尻湖が、人がナウマンゾウやオオツノジカの狩りをする場所(キルサイト)だった証拠を見つけるのが目標です。

 参加者は野尻湖友の会に入会し、発掘期間のうち3日以上参加するのが条件。参加費は一般5000円、小学生から大学生2500円、乳幼児1000円。

 締め切りは1月31日(火)。友の会入会手続きが必要な人には早めの申し込みを呼び掛けています。詳細は「野尻湖発掘調査団」ホームページ参照。

 (申)(問)野尻湖ナウマンゾウ博物館☎︎258・2090


2023年1月21日掲載




bottom of page