4年ぶり「五輪デーラン」 11月3日 南長野運動公園

元五輪選手らと運動など  

 「2022 オリンピックデーラン長野大会」が11月3日(木)、南長野運動公園総合運動場で開かれます。元五輪選手のオリンピアンと一緒に運動をしたり、トークショーやサイン会を楽しんだりする催し。2019年に台風19号災害で中止されて以来4年ぶりの開催です。

 9時半からの開始式の後、10時からオリンピアンと共にジョギングまたはウオーキング(約3キロ)。10時45分からオリンピアンによるトークショーと抽選会、11時半からオリンピアンのサイン会があります。サイン会は、8時半から受付で先着100人に整理券を配布します。

 参加オリンピアンは、スキーモーグルの上村愛子さん、スキージャンプの原田雅彦さん、テコンドーの岡本依子さんら13人。

 会場にはバスケットボールと野球の体験コーナーが設けられるほか、札幌市が目指している30年冬季五輪の招致と長野冬季五輪のブース出展があります。

 参加費は一般1500円、小中高生500円。参加者にはオリジナルTシャツを進呈。

 定員は先着1000人。申し込みはフォームまたは所定の申込書のファクス送信で。締め切りは10月20日(木)。

 長野運動公園総合運動場では14時から、小学生対象の柔道教室もあります。講師は金メダリストの谷本歩実さん。未経験者も参加できます。定員50人。

 (問)実行委事務局(市スポーツ課)☎︎224・7804


申し込みURL https://odr22-nagano.peatix.com


2022年10月8日号掲載