29日 「国策紙芝居」実演会 清泉女学院大・短大で

11月1日〜11日 展示

国策紙芝居

 「ながの子どもの文化研究所」は、「国策紙芝居」の実演会と展示を上野の清泉女学院大・短大で行います。

 実演会は10月29日(土)10時半から12時まで、同大・短大のJ301教室で。街頭紙芝居師の古橋理絵さんが解説を交えながら上演します。参加費500円。

 展示は11月1日(火)から11日(金)まで(日曜日休み)、同大・短大図書館で。東京都の「子どもの文化研究所」の協力を得て、実物を約20点展示します。開館は10時から17時。入場無料で誰でも観覧できます。

 国策紙芝居は第2次世界大戦時、戦意高揚などを目的に制作・上演されました。ながの同研究所代表で、清泉女学院短大幼児教育科准教授の塚原成幸さんは「国策紙芝居の存在を知ってもらい、実物にふれることでさまざまな思いを巡らせてほしい」と話します。

 マスク着用ほか、感染対策への協力を呼びかけています。

 (問)同図書館☎︎295・1320(平日)


2022年10月22日号掲載