top of page

龍泉寺 閻魔大王拝観と御安三ケ寺めぐり


龍泉寺の閻魔大王図(2021年1月16日撮影)

 松代町のNPO法人「松代のまちと心を育てる会」は1月16日(月)、「龍泉寺 閻魔大王拝観と御安(ごあん)三ケ寺めぐり」を行います。

 松代まち歩きセンターに9時半までに集合し受け付け。10時出発。願行寺、蓮乗寺、龍泉寺を見学。12時解散予定。各寺の住職と同会ガイドが解説します。

 願行寺には松代藩真田家初代藩主真田信之直筆の掛け軸、8代藩主真田幸貫直筆の和歌の屏風、10代藩主真田幸民(ゆきもと)の書物などがあります。

 蓮乗寺では、佐久間象山の墓所などを見学。同寺の七面大明神は地元住民から「七面さん」と呼ばれ親しまれています。

 龍泉寺の御開帳日の1月16日のみ、閻魔大王図を公開します。同日16時まで参拝と見学可。閻魔大王のお札と新型コロナ退散のお札を配ります。

 参加費は一般1000円、高校生以下500円(保険料、拝観料含む)。さい銭は別途。予約不要。マスク着用。旧松代駅裏の駐車場を利用できます。

 (問)夢空間事務局☎︎(FAX)278・1277(水曜休み)


2022年12月24日号掲載

bottom of page