花の名所と味めぐり 「目と舌で楽しんで」

飯綱町で周遊イベント

レストランルックの「春のサラダピザ」
とちのき食堂の「お花見ホットサンド」

「いいづなまち花めぐり・味覚めぐり」の催しが飯綱町で開かれています。桜など花の見頃時期に合わせて飲食店で期間限定のメニューを提供し、訪れた人に町内の周遊を促す企画です。

 同町の桜の名所は、県天然記念物になっている地蔵久保のオオヤマザクラや袖之山のシダレザクラのほか、黒川・桜林のエドヒガン、長谷寺のシダレザクラなど。例年の見頃時期は4月下旬です。桜以外では、むれ水芭蕉園のミズバショウ、丹霞郷のモモが4月下旬から5月上旬に見頃時期を迎えます。

 味覚めぐりには町内21の飲食店が参加。春の野菜や山菜などを使った弁当、そば、カレー、ピザ、ケーキなどを各店が提供します。

 花の名所11カ所と飲食店21店を巡るデジタルスタンプラリーも実施。アプリをインストールしたスマホで、飲食店ではQRコードを読み取り、花見スポットでは行くだけで自動的にスタンプが得られます。スタンプを計3個集めて飯綱町観光協会事務局(牟礼駅内)窓口に申し出ると、先着80人に味覚めぐり参加店で使える500円クーポンがもらえます。

 町産業観光課は「目と舌で飯綱町を楽しんで」と呼び掛けています。

 (問)同課☎︎253・4765


2022年4月16日号掲載