自然との共生 遊びながら学ぶ

20日から ギャラリー82

 八十二文化財団は7月20日(水)から31日(日)、「自然との共生へ—地球に学び・森と遊ぼう」を、ギャラリー82(八十二別館=中御所岡田)で開きます。自然との共生や環境保護について、展示や講座、遊びを通じて子どもから学べる催しです。

 催しは、県環境保全研究所、県環境保全協会、安曇野ビンサンチ美術館と共同で企画。「生物多様性と気候変動」「SDGs・ゼロカーボン」「自然の神秘」などをテーマにした写真、パネル、絵画などを展示します。

 このほか、地球儀の一部を指すとその場所の自然や気候などが画面に表示される「デジタル地球儀」や、スマートフォンを絵にかざすと立体で見える「飛び出すAR(拡張現実)絵画」も展示。遊びながら自然や地球環境について学ぶことができます。

 「感動教室『学び&遊びの森』」は7月23日(土)と30日(土)の13時半から15時。AR絵画とデジタル地球儀の実演のほか、県環境保全研究所研究員によるミニ講座(内容は23日が信州の気候変動、30日が信州の高山植物)を行います。参加無料。要予約。定員は各回先着30人。

 (問)ギャラリー82☎︎224・0511


2022年7月16日号掲載