市内若手作家5人「アート・グループ展」

9月10日から市芸術館で

こばやしようこさん「『まる』のこと」

 長野市芸術館は9月10日(土)から19日(月)、「市内作家によるアート・グループ展」を同館展示サロンで開きます。市内で活動する30代のアーティスト5人の最新の作品を展示します。

 長野市ゆかりの若いアーティストに発表の場と制作費を提供するとともに、市民に知ってもらう機会をつくる企画で、昨年に続き2回目。今回はいずれも市出身・在住で、1984年から87年生まれの平面作品の作家5人が、それぞれ「自由〜Liberty」をテーマに制作した今年の新作3〜5点が展示されます。

 展示作家は、津田翔一さん(油彩)、こばやしようこさん(水彩)、小林明日香さん(アクリル)、跡部洋さん(ミクストメディア)、小林希さん(油彩)です。

 入場無料。時間は10時から18時(19日は17時まで)。13日(火)は休館。

 同館は「気軽に立ち寄って、長野市にいる若手作家とその作品を知ってほしい」と話しています。

 (問)同館☎︎219・3100


2022年9月10日号掲載