地元の写真家 清水俊男さん

信州新町で山岳写真展

 写真家で電器店経営の清水俊男さん(89)=信州新町=が、「山岳写真展」を11月30日(水)まで、信州新町美術館で開いています。

 清水さんは長年、北アルプスへの登山を重ね、歩く中で出合った風景をカメラに収めてきました。一般の登山者が歩かないルートや高い技術を要する岩登りの経験も豊富で、あまり知られていない山の表情を切り取ってきました。

 山岳写真展は同館別館のミュゼ蔵(今年3月閉館)でほぼ毎年、これまでに17回開催。今回はその展示作品から、写真県展入選作など約80点を選んで飾っています。季節や時間によって変化する山の風景や岩の質感、登山者の姿などを写し取った作品が並んでいます。

 清水さんは「ミュゼ蔵が閉館して寂しかったが、美術館で展示できてありがたい。地域の人に見てほしい」と話しています。

 入場無料。開館は9時から16時。月曜日と24日(木)は休館。

 (問)清水☎︎090・4542・9319

 

 信州新町美術館は、1階の第1展示室を入場無料の「市民ギャラリー」として使えるようにしました。地元市民のアートやクラフトの展示会場として親しまれていたミュゼ蔵の閉館に伴う措置です。

 市民ギャラリーとするのは、同館主催の展覧会がない期間で、本年度は来年2月5日(日)まで、来年度は4月25日(火)から7月17日(月)と9月12日(火)から12月17日(日)。利用料は条件によって1日当たり250円から2千円。市民に活用を呼び掛けています。

 (問)同館☎︎262・3500


2022年11月19日号掲載