北信地方の陶芸作家 24人の180点を展示

千曲市できょうから焼物展


 「北信焼物展」が3月5日(土)から27日(日)まで、千曲市屋代のギャラリー「アートまちかど」で開かれます。

 陶芸作家でつくる実行委員会と千曲市教育委員会が毎年開き7回目。長野市を中心にした北信地方の陶芸作家24人の約180点を展示し、販売も行います。

 テーマは「花」。出展作家ごとのブース=写真=のほかに、各作家の花器や花を表現した作品をまとめたコーナーを設置。20日(日)・21日(月)には、華道の心得がある作家が作品に花を生け、最終日まで飾ります。20日13時半からは花をテーマにした箏(こと)の演奏会(出演・竹内敏大さん)もあります。

 講座「白いマグカップを作ろう」は27日(日)10時から12時。講師は土屋晃さん。参加費1000円。定員は申し込み先着15人。

 開館は9時から17時(27日は15時終了)。観覧料は一般300円、高校生150円。期間中7日(月)、14日(月)、22日(火)休館。

 出展作家は次の通り(敬称略)。

 荒井弘次、荒井寿子、石坂徳平、大森国子、荻原恒夫、金井隆司、木内洋介、北沢良子、北田耕治、小池知久、小林陶春、坂口礼子、高橋彰、竹内君則、千坂経悦、土屋晃、寺沢里美、戸井田紗代子、中山康、西沢伊智朗、西村純一、古谷公一、丸山奈留美、村井善晃

 (問)アートまちかど☎︎272・4152


2022年3月5日号掲載