top of page

トモヤアーツさん 「三角達磨」展

松代できょうから1月5日まで

手描きのだるま作品

 松代町の画家トモヤアーツ(本名・鶴田智也)さん(45)は12月24日(土)から来年1月5日(木)まで、松代町の「秘密基地アトリエ wanaka」で「三角達磨」展を開きます。一つ一つ手描きで描いただるまや招き猫など約200体を展示します。

 三角達磨は「必ず起き上がる」という意味が込められた縁起物。暗いニュースが多い中、気分を上げて2023年を良い年にしてほしい—と、色彩豊かなだるまに思いを込めています。

 12月24日と25日(日)11時から17時(25日は16時)まで、製造過程で廃棄になった靴下を使った「ソックスランタンワークショップ」(参加費500円)を開催。作ったランタンはアトリエ入り口に飾り付け、25日の16時半に点灯式を行います。

 25日17時からスティック奏者の金丸敏明さん、1月3日(火)13時と16時からはベリーダンサーokika(オキカ)さんと鶴田さんのコラボレーションライブペイントがあります。

 円満似顔絵は、事前にLINEで似顔絵にしたい写真と名前、来場日、連絡先を送り、会場で受け取ります。3000円〜。

 展示会は11時〜18時。入場無料。展示品は購入可(1800円〜)。

 「絵描きならではの色使いが特徴のだるま。表情も色合いも一体一体違うので、会場で自分好みの一体を探してみてください」と鶴田さん。

 (問)同アトリエ☎︎090・5561・8807


2022年12月24日号掲載

bottom of page