top of page

オペラの劇中歌楽しんで

4月21日コンサート

コンサートの出演者ら

 オペラの劇中歌われる声楽曲を集めたコンサート「CANTIAMO! CONCERTO 1°(カンティアーモ コンサート プリモ)」が4月21日(日)15時から、市芸術館リサイタルホールで開かれます。北信地区を中心に活動する声楽家たちが「長野の人たちにオペラの曲を気軽に楽しんでほしい」と、実行委員会をつくり、企画しました。

 出演は、ソプラノの石北奈穂美さん、山口嘉美さん、メゾソプラノの堀米玲子さん、テノールの丸山皓二さん。ピアノは原瑞穂さん、ゲストはフルートの杉山由一さんです。実行委は「オペラには楽しくすてきな作品がたくさんあるので、もっと身近に感じてほしい」といいます。

 歌うのは、「『椿姫』より『「花から花へ』」、「『カルメン』より『ハバネラ』」、「『蝶々夫人』より『ある晴れた日に』」のほか、イタリア歌曲など14曲を予定しています。

 実行委代表の堀米さんは「どこかで耳にしたことのある音楽や、聴きやすいと思う作品を選んだ。未就学児や小中学生にも親しんでほしい」と来場を呼び掛けています。

 入場料は前売り一般2500円、小中学生500円、当日は各500円増し。未就学児は無料。チケットは同館チケットセンター、美鈴楽器で販売。

 (問)堀米☎️090・9354・2299


2024年3月30日号掲載

Comments


bottom of page