top of page

アリの春の準備

土や砂どかして外へ 人間よりも一足早く

 足元の小さな虫たちも春の到来を察知し、動き始めています。

 春を感じたアリがまず始めにするのが、巣の出入り口を整えることです。冬の間、アリたちは地中にこもるため、巣の穴は土や砂でふさがれてしまいます。そのため、冬が終わると、土や砂をどかして外へ出始めるのです。

 土の中でじっと寒さに耐えていたアリは、日差しが強まり、土の表面の暖かさが巣の近くまで伝わると、春を感じます。そしてそのタイミングは、私たち人間よりも一足早いのです。

 なぜなら、気温よりも先に暖まるのが「地面」だからです。太陽の熱はまず地面を暖め、続いて地面のそばの空気、その後周辺の空気、という順に熱が行き渡っていきます。

 太陽が空の最も高いところにあり光が強い昼の12時ごろではなく、午後2時ごろに最高気温が出るのも同じ理由からです。

 

 気象台では、地面から1.5メートルの高さで気温を観測しています。そのため、地面から熱が伝わるのに2時間くらいかかり、最高気温が遅れて観測されるというわけです。

 反対に一日のうちで最も気温が低いのは、太陽が出始める「日の出ごろ」です。日が沈んだあと気温は下がり続けるため、太陽が隠れてから最も時間がたった頃に気温が一番低くなります。

 長野県では4月が最も季節の進みが早く、あっという間に暑さの気配が出始めます。信州の春は長くはありませんので、計画を立てて楽しんでみてください。

 気象予報士・防災士


2024年3月30日号掲載

Comments


bottom of page