さばみそ煮缶と小松菜の炒め煮

2022年1月29日掲載


最近注目されていて、非常食としても常備しておくと便利なさば缶。今回はみそ煮缶を使って味付けいらずの簡単な炒め煮を作ります。

濃いめでしっかりと味がしみ込んださば缶と小松菜を煮ることで、おいしくいただけます。

タンパク質や、DHA、EPA、カルシウムなどの多いさば缶と、ビタミン、鉄分やカルシウムなどのミネラルが豊富な青菜を合わせて使うことで、バランスの良い一品になります。

                              (県栄養士会北信支部)


※動画は2人分の分量です


材料(1人分)278kcal 塩分1.1g

さばみそ煮缶……1/2缶(95g)

小松菜……………1/2束(100g)

ニンジン…………20g

シメジ……………20g

油…………………小さじ1(5g)

長ネギ……………10g(約5㎝)


作り方

❶小松菜は3cm幅に切り、茎と葉に分けておく。ニンジンは1cm幅の短冊に切る。シメジは小房に分ける。長ネギは小口切りにする

❷鍋に油を敷き、ニンジンを炒める

❸シメジ、小松菜の茎を加えて炒め、さばみそ煮缶を汁ごと入れて煮る

❹煮立ったら小松菜の葉を入れ、さっと煮る

❺器に盛り、長ネギをのせる


 

一口メモ

小松菜のほか、チンゲン菜やタアサイはあくが少ない青菜です。

ゆでずに生のまま使うことができ、かさも減るので一度にたくさんの量を取ることができます。緑黄色野菜の代表格の青菜、手軽に使ってみてはいかがでしょうか?


応用メニュー

野菜は大根やゴボウ、玉ネギなどに代えてもおいしくいただけます。

最近はいろいろな味付けのさば缶が出回っています。トマト煮缶にはブロッコリー、チーズなどを入れて洋風に。水煮缶はカレー粉を入れてカレー味に、キムチを入れて韓国風にも